複数の女性の画像

生理痛を緩和させるにはピルを利用するのがいい?

生理痛を緩和させるにはピルを利用するのがいい?

生理期間に起こりやすい下腹部の痛みは、主に生理痛を呼ばれ正常に生理が来ている女性であれば、誰でも経験する症状の1つです。
人によって症状の違いがあり、市販されている鎮痛薬を飲むことで生理痛が緩和される方は多いですが、生活に支障をきたすほどの症状の場合きちんと婦人科にかかって、ピルの処方を受ける方法が一般的になっています。
そもそも生理痛の原因とは、子宮の収縮を促すプロスタグランジンという物質が過剰に増えると、子宮の収縮が起こり強い痛みにつながってしまいます。

医療機関などで処方してもらった低用量ピルには排卵を抑える効果がため、子宮内膜に働きかける黄体ホルモンが抑えられるとプロスタグランジンの量も減るため、生理の出血が起こる前後の痛みを抑える事が出来るのです。
低用量ピルと言うと避妊を目的とした利用をイメージする方は多いですが、最近では生理が軽くなり、生理痛や出血量が減る効果や、生理周期を安定させる効果、子宮内膜症の予防、卵巣がんや子宮体がんの発生率を減らす効果など利用するメリットが挙げられるようになり、幅広い世代の女性が利用するようになってきています。

ただピルを利用することはメリットだけではなく、デメリットも発生する可能性があることをきちんと把握しておくことが安全に利用するためにも重要になります。
ピルを服用すると女性ホルモンの変化によって起こる症状を改善する反面、人によっては吐き気や頭痛、悪心などの症状が出てしまう危険があります。
また低用量ピルは血管障害、冠動脈疾患、糖尿病の病気を治療中の方や、35歳以上で一日15本以上喫煙をしている習慣のある方や、高血圧の方も服用することが禁止されているので、安全に利用するためにも輸入代行業者でピルを購入するのではなく、きちんと婦人科に診察をしてもらい自分の症状に合わせてピルを処方してもらうことが、安全かつ体への負担も減らすことが出来る最大の近道です。

ピル以外の生理痛緩和方法

生理痛の緩和を目的としてピルを利用する女性は増えてきていますが、我慢できる程度の痛みであれば市販の鎮痛薬でも十分に痛みをカバーすることが出来ますが、最近では普段の生活習慣を見直すことで続いていた強い生理痛が改善したという方も多くなってきています。
生理痛が起こっている時などは、基本静かにしているという方は多いですがずっと痛みを我慢しているのはストレスが溜まりやすいですし、適度に体を動かすことでストレス発散を行ったり、体全体の血行を良くすることが出来ます。
過度な運動は体に負担がかかりやすいので、自宅で軽く行えるヨガや体操などの運動や、軽いウォーキングを行うことで体が冷えやすくなる状態を防いでくれます。
体を効率よく温めたいという場合には、体を冷やす食べ物を食べるよりも温める食べ物や飲み物を取り入れるようにしたり、普段はシャワーでお風呂を済ませているという方も、体の芯から温める方法として半身浴をゆっくり行うのも生理痛緩和に効果が高いです。

普段飲み物をよく飲むという方は、カフェインが含まれているドリンクよりもローズヒップ、カモミール、ペパーミントなどのリラックス効果の高いハーブティーを飲むようにすると、体を温めつつアロマ効果でゆっくり体を休めることが出来るので、普段疲労感が蓄積して体がだるいと感じる方や、運動が苦手だという方には手軽に飲める飲み物で体を温める方法がおすすめです。
また生理期間は女性ホルモンが安定しない特徴がありますので、女性ホルモンに近いエストロゲンを多く含むイソフラボンが配合されている大豆食品などを食事の中に取り入れるようにすると生理中の痛みやイライラが収まりやすくなります。