複数の女性の画像

生理中の腰痛がひどい場合に和らげる方法はない?

生理中の腰痛がひどい場合に和らげる方法はない?

生理痛と聞くと、腹痛をイメージする人が多いでしょう。
しかし、一口に生理痛といってもさまざまな症状があります。
痛みの感じ方には個人差もありますが、生理になると体調不良になってしまう人がほとんどです。

生理痛として腰痛の症状が出てしまう原因を知りたいという人もいるでしょう。
原因を知っておくことできちんと対策できるようになります。
また、腰の痛みだけが出るという人や腹痛と腰痛が一緒に出てしまうという人もいます。

腰痛の原因としてはまず、血液の流れが悪くなってしまうということが考えられます。
冷えなどが原因で血流が悪くなってしまった場合、子宮機能を低下させてしまいますし、辛い腰痛が発生してしまうことがあります。

また、骨盤の歪みも血流が悪くなる原因の一つです。
骨盤の歪みがあると骨盤周辺が冷えてしまいますし、子宮機能が低下して腰痛が発生してしまいます。
対策としては骨盤が歪まないような生活を心がけることであり、専門のサロンで骨盤矯正などを受けるのも良いでしょう。

子宮内膜症や子宮筋腫といった子宮の病気が原因で生理痛のような痛みが発生してしまうこともあります。
生理の度に腰痛が悪化している場合や生理痛の痛み止めが効かない場合、単なる腰痛ではないことも考えられます。
子宮内膜症や子宮筋腫などの可能性も考えられるため、心配な場合は婦人科を受診しましょう。

腰痛を改善する方法はいろいろありますが、体を温める方法は簡単に行うことができます。
温めることで腰の痛みが緩和することが多いですし、できるだけ体を冷やさないようにしましょう。
体を冷やすと血行が悪くなってしまうため、生理中は体を締め付けるような服装は控えるのが無難です。
腰痛の悪化を防ぐためには体を冷やさないような服を選ぶと良いでしょう。
特にミニスカートなどは下半身が冷えやすくなるので注意が必要です。

妊娠中は過度なカフェインの摂取はしない方が良いとされていますが、生理痛が酷い時もカフェインの摂取を控えた方が良いでしょう。
もちろん絶対に飲んではいけないというわけではありませんし、適度な摂取なら問題ありません。

生理中の腰痛対策

生理中の腰痛対策としては、腰を冷やさないようにすることがポイントです。
ゆっくりとお風呂に入って温まることが大切であり、外出する時は体を冷やさないような服装をしましょう。
肌を露出する副賞は控えた方が良いですし、腹巻などをするのもおすすめです。

腰が温まることで血行が良くなるため、腰痛を和らげることができるでしょう。
腰の下側にカイロを当てるのも良いですし、お腹の下に当てても良いとされています。
子宮を温めることで腰痛が落ち着くこともありますが、カイロを使う時は肌に触れないように注意しましょう。

生理中の腰痛を改善したいという場合、ストレッチを行うのもおすすめです。
ストレッチは簡単に行うことができますし、お金もかからないのでやり方をチェックしてみると良いでしょう。
ちなみに、腰痛が酷い時は無理に体を動かすと悪化してしまうこともあるため、無理のない範囲で行うことが大切です。

ストレッチの方法としてはまず、足を肩幅に開き真っ直ぐ立ちます。
そして両手を腰に当てて左右に10回程度回しましょう。
腰だけを動かすようにすることがポイントであり、1回につき5~10セット行うようにします。

また、腰痛が酷い時には漢方薬を飲むという方法もあります。
生理中の腰痛に効果がある漢方薬は薬局などでも購入することができますが、どの種類が良いのか分からない場合は病院で処方したもらった方が良いでしょう。
また、漢方薬の効果の出方には個人差もありますし、どの漢方薬が良いのかは人によって変わってきます。

腰痛が酷い時はヒールの高い靴などは履かない方が良いでしょう。
ヒールの高い靴を履くと骨盤が歪みやすくなります。
そして生理が終わっても腰痛だけが残ってしまうことがあるので注意しましょう。